鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

【エッセイ】#34『貴重で突然な休日/ローマの休日』

  「休日」という時間は非常に貴重だ。

  普通の社会人は土曜日と日曜日、この週休2日をどう過ごすかその人次第だが、自由の中のセンスを問われる。

 

  僕の場合、バイトが週に4日あるので、休日は三日間だ。

  しかし、毎週金曜日は映画館に行くことが多く、その趣味を「映画感想」という活動にしている。

  そうすると、金曜日も出勤しているのと同等だ。さらに、週に二回の洗濯や部屋の掃除、その他諸々を考えると、朝起きてから寝るまで何もしない日という時間は激レアな経験なのだ。

  しかも、その日は突然訪れる。

 

  ある日の夜勤のバイトが終わった帰宅後、その日は映画感想の執筆をする日だった。

  というのも、この日に執筆活動をしないと次に出来そうな日が一週間後。週に5本ほど映画を観る僕は、映画一本の感想文を書く労働力を知っているので、この日に執筆活動をしないと残業が確定してしまう。

  なので、僕はその日必死に映画感想を書きまくった。

 

  そして、翌日。

  僕は深夜2時頃に起床して、最近始めたジムに向かおうとすると、猛烈な雨風が窓越しから見えてしまった。その日は洗濯物を干した後、映画館で映画を2本ほど観る予定だったが、この光景を見た瞬間、その日の予定が白紙になってしまった。

  とりあえず、洗濯物を大きめのボストンバックに詰めて、暴風雨の中、近くのコインランドリーで乾燥機にかけ、その足でジムで筋トレをした。だが、僕のこれからの予定は、乾燥した衣類を畳んで終了してしまう。

  不思議なことに、あれほど時間を欲していたのに、いざ突然ポッカリと時間が空いてしまうと無力になってしまう。

 

  時刻はすっかり朝の8時になったが、相変わらず悪天候だ。

  仕方なく、その日観る予定だった映画のジャンルに近い作品を調べて、Netflixで映画を2本ダラダラ観た。

 

  しかし、時間はまだまだ余裕がある。

 Netflixでもう一本観るのもいいが、僕は「今しか出来ないこと」を少し考えた。

 

  悩んで、悩んで、悩んだ結果、僕は寝てしまった。

  頭の中で色々考えすぎて、パソコンが熱暴走で強制的にシャットダウンするように、知らないうちに寝てしまった。しばらく夢だと気づかない時間が続き、時間が巻き戻るかのように勢いよく起きると、ちょうど日付が変わる午前0時頃だった。

 

  僕が最後に覚えている時間は、少なくとも夕方になるかならないかの午後3時頃だ。

  あの大切にしようと思っていた9時間という時間を一瞬で失った失望感を冷や汗と共に感じたが、それ以上の問題が起こった。次の予定まであと10時間もあるが、何をしたらいいのか分からない。

 

  僕はまた少し考えて、また寝た。

 

f:id:washitsuba:20211006091259j:image

 

【本日の映画】

監督:ウィリアム・ワイラー
出演:グレゴリー・ペックオードリー・ヘプバーンなど
制作:1953

イタリアのローマを表敬訪問した某国の王女と、彼女が滞在先から飛び出し一人でローマ市内に出たとき知り合った新聞記者との1日の恋を描いている。トレヴィの泉や真実の口などローマの名だたる観光スポットが登場する。新聞記者をグレゴリー・ペック、王女をオードリー・ヘプバーンが演じている。

 

【関連記事】