鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

【エッセイ】#24『何気ない家族/クレイマー、クレイマー』

 ある雨の日、僕はいつものように映画館で映画を楽しんでいた。

 上映が終わった頃はちょうどサラリーマンが目立つ昼時だった。僕もお腹が減っていたので傘をたたみ、近くのファミレスに入った。

 

 しばらくメニューを眺め、僕はチキン南蛮のセットを頼んだ。少し時間が経ち、隣のテーブル席に小学生ぐらいの男の子を連れた3人家族が座った。

 その家族の会話は周りより少し声が大きく、笑い声はそれ以上。それに加えて、店員さんを呼んでからメニューを開き吟味し始めた。店員さんも思わずその場から離れようとすると「これから頼むから」とその店員さんを離さない。

 結局、その家族はおすすめメニューとドリンクバーを頼んで、周りより一際目立ちながら店を出ていった。

 

 僕はとっくにチキン南蛮のセットを食べ終わっていたが、その家族と何かしらの原因で接触することを恐れて、あの家族が離れるまでその場を動けなかった。

 ファミレスを出て、とりあえず近くのコーヒーショップに向かい、Sサイズのアイスコーヒーを頼み、先ほどの出来事について考えてみた。

 

 まず、チキン南蛮がびっくりするぐらい不味かった。

 甘酢が喉に刺さるほど酸っぱく、タルタルソースも具入りのマヨネーズ。そして、肝心の鶏肉が繊維を束ねたようにボロボロで、肉汁を忘れたパサパサ感。

 あのセットで一番美味しかったのは、ご飯とみそ汁だったことは忘れない。

 

 次に、あの家族だ。

 シンプルにマナーが悪い。このご時世、他人と会話をするなら、簡潔に言いたいことをまとめることが素晴らしい。そして、散々店員を離さなかった挙句に諦めたようにメニューの表紙にあるオススメメニューを頼んだのは、敗北の象徴だ。

 

 そして「良い家族像」についても考えてみた。

 理想の家族像に求めるものは人それぞれで、子供思いなのか、家事や育児に熱心か、楽しい思い出を家族で作れるか、本当に様々だ。

 家庭的な男性に至っては「イクメン」と称される。子供と特に接している女性にとってこの評価は嬉しいことなのかは僕には分からないが、良い家族像について言えることがひとつだけある。

 

 良い家族とは、目立たない家族のことだ。

 母や父、その子供の個性で家族が目立つことはあるが、一般的な収入で、変わらぬ愛情で、普通に家事や育児に励み、人目から離れ、普通に思い出を作れることは素晴らしいことだ。

 たまにそれを「当たり前」と言う人もいるが、その人より誇らしい環境があることをその人は知らない。

 

    僕も知らないけど。

 

 ちょうどアイスコーヒーを飲み終え、ふと街並みを眺めると、雨が先ほどよりも強く降っていた。僕はホットコーヒーを頼み、もう少しゆっくりと時間を過ごすことにした。

 

f:id:washitsuba:20210714102527j:plain

 

【本日の映画】
監督・脚本:ロバート・ベントン
出演:ダスティン・ホフマンメリル・ストリープジャスティン・ヘンリー、ジェーン・アレクサンダーなど
制作:1979
離婚と養育権という、現代アメリカが避けて通れない社会問題をハートウォームな人情劇を通して描いた80年の代表作品。
 
【関連記事】