鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

【エッセイ】#15『ほどほど/ブルーバレンタイン』

 僕はその人を好きか嫌いかを仕分ける度合いが極端で苦手だ。

 例えば、優しい人や面白い人など「好きなタイプは?」と聞かれたら当然のように上位に挙がる性格の人は人間として好きだ。だが、そんな今まで好きだった人でもちょっとした食い違いがあればいつの間にか嫌いになってしまう。

 

 なので、僕が心がけていることは「ほどほど」だ。

 しかし、ほどほどという姿勢は難しい。冷酷にリアクションを取らないというわけでもないし、過度に好意を持ってもいけない。

 よく落ち着いている人や物音に動じない人がいるが、あういう人は、ほどほどの達人だ。

 

 僕は今、ほどほどを得るために修行中だ。

 それまでの僕は、極端な好き嫌いで気が付けば好きなものが無くなってしまう。好きな音楽のジャンルもそのとき流行っているものも、何故か嫌いになっていた。

 今思えば、それは民度が高さから生まれる恥ずかしさから距離を置くようになった結果だと思う。

 

 巷で流行っているものは、今でも苦手だ。

 なので、流行とは程遠いものを好む傾向がある。

 

 高校時代には、一人だけ1960年代から90年代の歌謡曲、俗に言う「懐メロ」をよく聞いていた。周りがそのとき流行っている食べ物を食べていると、吐き気すら感じていた。

 最後にやったテレビゲームがスーパーファミコンだったりと、僕は本当に平成10年生まれなのかと今でも疑う時代遅れな奴だ。

 

 そんな時代遅れから生まれる孤独を、僕自身を貴重な存在と過保護に錯覚している。今でもその壁は高々と聳え立っているせいか、自分自身の貴重性に、世間の流行を不覚にも取り入れてしまうことが怖いのだ。

 流行を克服するよりも、世間の若者文化を認知するほうが、拒絶してしまう。

 

 だからこそ、ほどほどでいたいのだ。

 ほどほどな距離間を理解しつつある今、あの頃の過度な貴重性の原因は、相手に対する過度な期待、それ故の嫉妬や妬みだ。

 相手の好みが変わっても、相手は相手でしかない。僕がどんだけネチネチと密な距離間で嫌悪感を抱いても、相手は変わらない。

 そんな時にほどほどな気持ち、距離間でいればここまで闇を抱えることはない。むしろ、自分も変わるきっかけとも思える。

 

 けど、僕は巷の流行とは距離を置きたい。

 ほどほどに過ごしたいだけなのだ。

 

f:id:washitsuba:20210505105938j:plain

 

【本日の映画】
ブルーバレンタイン (字幕版)

ブルーバレンタイン (字幕版)

  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: Prime Video
 
制作:2010
あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭カンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。10年以上も脚本を練り上げたデレク・シアンフランス監督による、愛が終わる痛みを巧みな演出で紡いだ切ないストーリーが胸に迫る。
 
【関連記事】