鷲尾翼のブログ

【エッセイ】#02『変人取扱説明書/レインマン』

 僕は「変わった人」らしい。

 いわゆる「モテる人」と言われる人が、「カッコイイ」や「イケメン」と相手から褒められたり、ある時には「天然だね」と言われている。けど、僕はよく「変わってるね」と言われる。

 しかし、当然だが僕は変わったようなことはしていない。普段の日常を送っているつもりが、世間とは少し違うらしい。

 まぁ、僕が音楽家・文筆家・芸術家と名乗っている時点で、人として変な奴だ。

 

 そんな僕でも外に出れば、見た目で分かるような変わった人を見かける。そういう人は残念だが、偏見や冷たい目で見られることが多い。正直、僕もその人を詳しく知らない限り一歩距離を置きたい。

 

 しかし、先ほども言ったように、僕は変人だ。

 そういう偏見や冷たい目線を浴びる気持ちをよく共感する。なので、僕は「変人」というものに対して被害者でもあり、加害者でもある闇が深い奴でもある。

 

 僕が中学生の頃、クラスに馴染めず特別授業で受ける同級生がいた。

    その子は、本当は行きたくないだろう全校集会に付き添いの先生の腕につかみながら参加していたが、時々パニックになり、全校集会が行われている体育館を暴れまわっていた。

 当時の僕は怖かったのと同時に、その子を指さして色々言っていただろう。しかし、その後僕も学校生活に馴染めずその子と同じように特別授業で受けていると、あの時の行為から生まれる罪悪感を徐々に感じるようになり、今でも少し後悔をしている。

 

 昔だったら「変わっている人」で収まったかもしれないが、今の時代他の人と違う言動から病名や症状で特定したりする。僕も学校生活に馴染めなかったことに対して一つの結論を出したが、仮に病名や症状で特定されたらその人は「障がい者」になる。

 

 病名が判明して安心する人もいるが、障がい者として生きるのがツラい人もいる。僕はどちらかというと後者の思いがある。それはある人に「障害は甘え」と叱られたことが、消えない傷痕のように忘れられない。

 僕も相手が障がい者に対して理解がある人でいてほしいが、残念ながらそういう人は中々いない。なので、僕の場合「変わっている人」として受け入れ生きていくしかない。

 

 少しでもこの冷たい目線ばかりの環境を生きるために、僕は「取扱説明書」が頭の中にある。

 僕はこういう人間で、こういうことが好きで、こういうことが苦手で、こういうことをすると壊れるみたいなことをあらかじめ決めておくと、自分を肯定出来る。

 僕の場合、相手の意見や比較に踊らされ自分を見失うときがある。そして、彷徨っているうちに精神的に参ってしまう。

 

 僕は何度も彷徨って、ひどい思いをしてきていたが、結局悪いのは相手だ。取扱説明書に書いてある壊れる項目を順に行っているのだから、当然の結果だ。

 こういう自分だけの取扱説明書は人に見せるものじゃない。だが、例外としてまるで取扱説明書を熟読してきたような素敵な人に出会うときもある。

 

 そんな人を「親友」と呼び、数少ない人間関係を構築すればいい。

 

f:id:washitsuba:20210203050605j:plain

 

【本日の映画】

レインマン(字幕版)

レインマン(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマントム・クルーズヴァレリア・ゴリノなど
制作:1988
自由奔放な青年が重度の自閉症の兄と出会って心を開き、忘れていた愛情を取り戻して行く過程を描いた心暖まる感動のロード・ムービー。

 

【関連記事】