鷲尾翼のブログ

【エッセイ】#72『忙しい』

 「忙しい」

 

 この言葉を聞いたとき、言い訳と捉えるのか、仕事熱心と捉えるのか。また、無関心か。

 僕は、今の状況が個人的に忙しいと思うが、少し疑問にも思っている。

 

 軽く今の現状を話すと、現在時刻は朝の8時。

 このエッセイを締め切りに追われながら書いている。それに加えて、明後日に収録する自主制作のラジオで話す映画をタブレットで流しながら鑑賞。さらに、今週映画館で観る映画の予習で観ておきたい映画を1本控えている。他にもラジオの台本や軽い事務作業も控えている。

 それを今日中に終えるとありがたい。

 

 なぜ語尾を「ありがたい」にしたのか。

 正直、明日明後日に回してもいい作業ばかりだが、幼少期から言われてきた「明日やろうは馬鹿野郎」がここ二週間ですごく感じている。

 だが、その決意も結局思うだけで、心身ともに馬鹿野郎だ。

 

 今やることを文章にすると少し分かりにくい。

 なので、リスト化するとこうなる。

ーーーーー

  1.  1000字程度のエッセイを執筆
  2. 明後日収録のラジオのための映画鑑賞
  3. 金曜日に映画館で観る映画の予習で映画鑑賞
  4. ラジオの台本を執筆
  5. 軽い事務作業が何個か

※締め切りは今日の午前中(出来れば)

ーーーーー 

 しかし、僕は冒頭「疑問に思っている」と言った。それはなぜか。

 半年前の僕はこれらの作業を無理なくこなしていたことだ。

 

 たった半年の間に老いや疲れが呪いのように襲ってきたわけではない。そう信じたい。だが、あの頃の自分を客観的に観るとかなり異常だ。

 映画にドハマりして週に6本から8本は当たり前、それに加えてブログでの楽曲解説やエッセイの執筆を週に合わせて3本、さらにラジオの収録から放送後記の執筆を8時間かけて行い、他にも映画感想の執筆や様々なアウトプットを時間を削って行っていた。

 異常だ。あまりにも不健康で「売れたい」という欲が溢れている浮かれ者だ。

 

 僕は熱しやすく冷めやすい性格だ。もし、あの頃の行動がアツアツの状態なら今はキンキンに冷え切っている。

 今の僕は映画は週に1本見るか見ないか、ブログでも楽曲解説の記事は辞めて、エッセイと放送後記の2種類のみ。どちらも週に1本のみの投稿だ。そして自主制作のラジオを9月いっぱいで終了する。映画感想も月に1回投稿するかしないか。プライベートな事務作業も後回しにしている。

 異常だ。あまりにも欲が無さ過ぎてやる気を感じないスッカスカの状態だ。

 

 過去を侮辱するのもいいが、今のままではいけないと思っている。だが、何をすればいいのか分からない。

 だが、このエッセイが1000字を迎えてしまった。やる気も同時に失ってしまった。「忙しい」と思えるその日までしばらくは密かに過ごすとしよう。

 

f:id:washitsuba:20200902094833j:plain

 

【関連記事】