鷲尾翼のブログ

「自分のものにしない」のもひとつの表現/「Overflow」家入レオ

 最近、King Gnuの新アルバム「CEREMONY」についてこのブログで語った。

 

 

気になる楽曲「Overflow」

 記事を書いてからも頻繁に聞き続けている。今までだったらKing Gnuの過去の楽曲を集めたプレイリストをシャッフルで聴いていたが、「『CEREMONY』を聴く」という選択肢が増えたのは改めて素晴らしいことだ。

 

 そんな「CEREMONY」の9曲目、「Overflow」が気になる存在だった。

 「Overflow」の前の曲が「小さな惑星」という楽曲で、イントロやリフが多少似ている。正直アルバムの中でも僅かだがマイナスに感じてしまった。

 しかし、気になる存在だ。

 

 そんなときに本屋に立ち寄り、プラプラと気になる本が無いか探索していたら、King Gnuが表紙の音楽雑誌を見つけた。雑誌名は立ち読みでパラパラと読んだせいかよく覚えていないが、内容は「CEREMONY」の楽曲を徹底解説・分析をして、King Gnuのメンバー自身が各楽曲のエピソードを話していくファンには嬉しい内容だった。

 その中で「Overflow」の解説を発見した。

 

 「この曲は、家入レオに提供した曲だが…」

 

 んっ、家入レオ

 確かに家入レオKing GnuのファンとしてKing Gnu特集の番組に出演していたのは知っていたが、King Gnuに提供されていたのか⁉

 早速YouTubeで調べると、一瞬だが歌っているシーンを見つけた。

 

家入レオバージョンの「Overflow」の聴いてみた。

※26秒辺りから「Overflow」のサビが聞けます。

 

 本当のKing Gnuファン、家入レオファンは「DUO」からの「CEREMONY」の流れを承知の上で称賛しているはすだが、僕みたいな「CEREMONY」から「DUO」のパターンでOverflowを聴くと、楽曲自体の意味がだいぶ変わってくる。

 

 結論から言うと、僕が思うOverflowは「泥臭い男の片思い」に聞こえる。

 なので、家入レオバージョンはもちろん好きなのだが、どうしても「人のモノ」に感じてしまった。

 

今度はライブトレーラーを観てみよう。

 YouTubeで検索すると、上記のアルバムトレーラーとは別のライブDVDのトレーラーにも「Overflow」がヒットしている。

 早速、見てみよう。

※2分38秒辺りから「Overflow」のシーンが見れます。

 

 何だこの色気は⁉

 そして、僕の中で生歌での最大の誉め言葉、「喉からCD音源」を魅せる見事なパフォーマンスだ。

 僕はこのライブトレーラーを見て、TSUTAYAに走った。

 

 先ほどの「人のモノ感」について改めて考えてみると、マイナスな気持ちが少しずつ消えていく。

 「人のモノ=カラオケ」というイメージがパッと浮かび、ライブ映像で「歌う」というパフォーマンスを見たこと。

 家入レオKing Gnuのファンで、その交流での提供された「Overflow」だということ。

 

 家入レオが歌う「Overflow」はKing Gnuがあっての楽曲だ。

 しかし、「Overflow」を歌う姿は『King Gnuになりきっている』と思うとまた違った面白さを感じる。

DUO (通常盤[CD])

DUO (通常盤[CD])

 
CEREMONY (通常盤) (特典なし)

CEREMONY (通常盤) (特典なし)

 

 ※上記のリンクはAmazonアソシエイトを使用しています。

 

  家入レオバージョンの「Overflow」を聴くと、King Gnuっぽい。

 King Gnuバージョンの「Overflow」を聴くと、King Gnuだ。

 

【告知】
毎週土曜日21時にYouTubeでラジオ番組「鷲尾翼の青い電波塔」を放送してます!

詳しくは下記のリンクから!メールも募集しています!!!


 

【関連記事】

 

 

【今日のひとこと】

目玉焼きは醤油派。