鷲尾翼のブログ

懐かしい風情、落ち着く情景/「琥珀色の街、上海蟹の朝」くるり

 僕はYouTube中毒者だ。

 Netflixで面白そうなドラマを観たくても、映画を観たくてもふと見ているものはYouTubeだ。

 最近はこの問題を解決したい日々を送っているが、こんな動画を見つけてしまった。

 

 チャンネル登録者が約31万人(2020.1.14現在)の人気女性ユーチューバーの「まこ」が視聴者からの質問にコミカルに答えるYouTubeでは定番のジャンル「質問コーナー」の第2回の動画だ。

 

 何となく見ていたのだが、5分28秒辺りから「上海蟹食べたい?」という質問に歌で答えた。

 僕はこの動画でこの楽曲を知ったせいか、最初はまこの即興ソングとして受け入れていた。

 けど、次第に違和感につながる。

 

 即興にしてはちゃんと「歌」として成り立っているしな…

 不思議だな…

 

 試しに「上海蟹食べたい 歌」と検索をかけたら、くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」のMVが出てきた。

 

 

記憶を辿ると…

 先程の違和感はすぐに消えたのと同時に、僕にとっては一度見たことのあるサムネでもあった。

 ここからは記憶を辿って話すのだが、確か高校生の頃。

 YouTubeの急上昇ランキングでしばらく上位に君臨するほど人気だった。

 しかし、当時の僕は試しに開いて「サビぐらい知ればいいかな…」ぐらいの気持ちで再生バーでサビを探したが、挫折したきりだった。(はず。)

 

 それ以来ぶりに聴くのだが、まこの歌唱も含めて大好きな楽曲と何年か越しに気付かされた。

 

あの曲と比べてみよう!

 この楽曲の特徴を大まかに分析すると「コード進行の巡回」と「意味を優先しない歌詞」の2点だと思う。

 この特徴が揃う有名な楽曲といえば、椎名林檎の「丸の内サディスティック」だ。

 

 今回のくるりの楽曲と椎名林檎の「丸の内サディスティック」、実はコード進行が有名な「ジゴロ進行」と言われるコード進行で一緒なのだ。

 どうりで聴き馴染みがあって一度聴いただけで好きなるわけだ。

 

 それに加えて、歌詞も意味がありそうでない、ないようである独特な位置にどちらの楽曲も存在する。

 よくここで「生まれ変わった『丸の内サディスティック』だ!」とか「第二の『丸の内サディスティック』」と表現したくなるが、これはこれだ。

 くるりくるり椎名林檎椎名林檎なのだ。

 

もっと追求すると…

 この楽曲のメロディーをよく聞いてみると、童謡「シャボン玉」のメロディーと一致する。

 まさに僕の好きな「遊び心のある楽曲」だ。

 丸の内サディスティックより以前、幼少期まで遡るほどの聞きなじみさ。この風情あるメロディーに上海の屋台街の情景がここまでリンクするのか。

 この事実に気づいたとき、「マジか!やられた!」と思わず言ってしまった。

琥珀色の街、上海蟹の朝(通常盤・CD)

琥珀色の街、上海蟹の朝(通常盤・CD)

 

 ※上記のリンクはAmazonアソシエイトを使用しています。

 

 なぜあの時、ちゃんと聞かなかったのか。高校生の僕よ。

 こんな素晴らしい音楽が目の前にあったんだぞ!

 

【告知】
毎週土曜日21時にYouTubeでラジオ番組「鷲尾翼の青い電波塔」を放送してます!

詳しくは下記のリンクから!メールも募集しています!!!


 

【関連記事】

 

 

【今日のひとこと】

僕は琥珀色の街を見たことがありません。

上海蟹も食べたこともありません。