鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

好きな音楽や本、自分のエッセイをだらだら書いてます

意味が隠れた歌詞を歌う魅力/「奇跡の地球」桑田佳祐&Mr.Children

 この曲は、コラボしている者同士があまりにも豪華すぎるので、一時的に当たり前のような位置になってしまっていた。しかし、最近プレイリストのシャッフルでこの曲が辺り、改めて新鮮な気持ちで聞いたが、やっぱりこのコラボはすごい!

 

 曲の凄さを語る前に、僕のイメージとして「ものまね」がある。

 「桑田佳祐」「桜井和寿」ともに、ものまね番組で必ずと言ってもいいほど誰かが真似ているミュージシャンだ。その二人のコラボとなると、聞いてたり実際歌っているとどうしても歌い方を真似ている自分がいる。

 実際和田アキ子のものまねでブレイクしているMr.シャチホコが二人のものまねを同時にしている動画を見つけた。「似てる!」と思うし、この曲自体も変な言い方だけどショーパブ向けの歌なのかなと思う。

 

 では本題に。

 

 まず、双方の魅力が全く消えていないということが改めてすごいと思う。

 有名ミュージシャン同士のコラボ曲は実際珍しいことでもないし、ヒット曲も多い。だが、どちらかの個性が強かったり、実質コーラスという立ち位置だったりすることも多いため割合で言うと、「6:4」下手したら「8:2」だってある。

 しかし、この曲は歌うパート、ハモりパートと平等なので、どちらかが強すぎたり弱すぎたりといった印象が不思議とない。

 

 また、僕もよくこの歌うため実感としてはテンポが早い曲だと思っていたが、どちらかというと、ゆったりしているレゲエのようなリズムだ。

 きっと裏打ちのドラムやサビのグワァーと情熱的に歌い上げているので、テンポが早口な曲だと思ったのだろう。

 

 そして、歌詞に意味のないカッコよさを感じてしまう。

 実際歌詞を一通り読むと、地球で起こる悲しい現実を訴えてるような内容だが、それを隠れたメッセージにしているところが面白い。

 聞いていて内容をモロに知ってしまうとここまで純粋に曲を楽しめなかっただろう。

 また、「意味のない」という理由は上記の他にあり、Aメロの歌詞は訴えているのだが、その後のBメロでは「冷たい風にたなびくFlag」「過去を巡るメリーゴランド」と桑田佳祐っぽい不思議な歌詞で、サビに至ってはほとんど英語で歌詞を知らせようと言うよりかは、口の気持ちよさを優先したのかと解釈する。

TOP OF THE POPS

TOP OF THE POPS

 

 ※上記のリンクはAmazonアソシエイトを使用しています。

 

 さっきから「何度も歌う」と言っているが、これ歌うときって大体ひとりなんだよな…。カラオケも一人カラオケ派だからしょうがない自業自得だけど、たまにバカみたいに寂しくなるから気をつけろよ!

 

 

【告知】

毎週土曜日21時にYouTubeでラジオ番組「鷲尾翼の青い電波塔」を放送してます!

詳しくは下記のリンクから!メールも募集しています!!!

 

 

【関連記事】

 

 

 

【今日のひとこと】

何か世間では夏休みらしいですね…。

いつからか存在すらなくなったのに気づいてしまった今日この頃。