鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

瀬戸弘司

 前に瀬戸弘司について語ったことがある。 

 その時に話せなかった好きなところを話します。

 

 まず、瀬戸弘司を語る上で欠かせないのは編集力だ。

 トップYouTuberの雑談動画で「編集がすごいYouTuberは?」という話題になるとまず出てくるのは瀬戸弘司の名前。それも、瀬戸弘司の名前を出した周りの反応は深く頷くシーンを何度も見る。これは、ある種の確立したものとしてYouTubeを見る側も作る側にも認知されていると言えるだろう。

 

 では、その編集で生まれる面白さは何か。

 瀬戸弘司の編集力はリズムネタ動画を見ればよく分かる。


 この動画は、YouTuberの強化合宿である「YouTube NextuUp 2012」に瀬戸弘司が参加した時の、参加したクリエイターとのコラボ動画だ。

 この動画の凄味は、単純なところだ。極論、「重ねただけ」だが、どこを重ねるか、どのくらい重ねるか、どこを重ねないか、これらの調整はクリエイターのセンスが光るところだ。もちろん、瀬戸弘司のセンスは最高だ。

 また、重ねている量も半端ない。リズムを生み出すためとはいえ、苦労が目に見える。その苦労に僕は知らず知らず惚れてしまった。

 

 瀬戸弘司の面白さは、瀬戸弘司が無理をしない素朴な面白さだ。


 この動画はYouTubeの広告用に制作されたもので、動画尺は40秒ほどとかなり短い。だが、その短さに瀬戸弘司の旨味がある。

 この動画で瀬戸弘司の第一声は「広告をスキップ出来るようになりました。」謙虚すぎるその一言の後は人間味ある面白さが広がる。

 この広告で瀬戸弘司を知ったと思う。当時は違和感が強かった。「何だこのおじさん…。」と思っていたのかも分からないぐらい過去の話だが、少なくともこの広告で「この人は面白い。この人は悪い人じゃない!!」と直感で信用できる。

 

 最後に、伝説の動画を載せておこう。語ることは無礼だ。見て笑え!

 

 他にもカメラやApple製品のレビューの分かりやすさ、ゲーム実況での瀬戸弘司ならではのリズムネタ、吹替、編集を上手く取り入れた唯一の動画ジャンルだと動画が更新されるたびに思う。

 ただ一つ、動画更新がピタッと止まる期間がある。瀬戸弘司ファンからしたらもはや常識になりつつあるこの現象を僕は「期間限定のお菓子」のような感覚で受け止めている。だからこそ、再び動画が更新された時、「待ってたぜ。」と言えるよう準備をしておこう。

 

 

 

 

【関連記事】


 

 

【今日のひとこと】

iPad pro 11インチをポチった。

家に届くまでワクワクが止まりません!