鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

BOOK

本のタイトルだけでも治癒力あり!/「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」Jam

最近、ある悩みがあり色んな人に相談していることが多いが、その解答の大半が「気にしすぎ。」「気にすることないよ。」だ。 しかし、この言葉にイマイチピンと来なかった。理由としては、客観的な意見と主観的な問題の食い違いだと思う。そのせいで、相談し…

サプリメントの教科書/「医者が教える『あなたのサプリが効かない理由』」宮澤賢史

前にこんなエッセイを書いたことがある。 その時に「ある本に出会って、朝食を変えた」という話をしたが、そのある本についてエッセイとは話が逸れると思い、本のタイトルや詳しいことを話していなかった。 まず、この本のコンセプトは、当然ながらサプリメ…

この本を読んだことのある人は親近感が湧く/「思考の整理学」外山滋比古

モノを持たない、ネット上ですべて完結できてしまうデジタルな時代に、レトロでアナログな考え、行動が希少価値を生んでいる。 今の時代、スマホを持っている人がほとんどだろう。多くの情報もスマホで得ることが出来る。廃れていってしまうのは、本を買い、…

ちょっと面倒くさいけど、「何度も読み返す」読書術

僕の読書の仕方は、読書術の本を何冊か読んでいても当てはまらない。かなり独特なようだ。もちろん、似たようなものがあるが、独学なのだろう。 しかし、この読書術で僕は「読書」という趣味を楽しむとは別に、内容を簡易的に出来たことが大きい。 この読書…

本の世界に招いてくれたエッセイ本/「働く男」星野源

この本に出会うまでは、僕はいわゆる読書オンチでした。今も食わず嫌いな部分もあるのですが、きっかけという点についてはこの本で大きく変わりました。 いつもは「この本はこういう内容だからみんな読んで!」みたいなことを書いているのですが、今回ばかり…

「本を読みきらなきゃ!」という概念は必要ない/「すぐやる人」の読書術

「せっかく本を買ったんだから、一度最後まで目を通さなきゃ」と、一度は思い経験したことはないだろうか、僕も、思っていた。 この本の「本を読みきらない」は、最初の数ページで合わないなら読まないみたいなことではなく、「読み切る前に行動に移せ!」と…

読書を趣味にしたいならこの本を1冊目に!/残酷すぎる成功法則

僕が思う読書家の姿は、「図書館の住人」だ。 でっかい棚に、ぎっしり並べられた本の数々。棚も壁の端から端まで。その本に統一性はなく、多種多様なジャンルがあり、それらをほとんど把握しているような人を思い浮かべてしまう。その姿が僕の目標でもある。…