鷲尾翼のブログ

鷲尾翼のブログ

音楽の話や連載エッセイ、ラジオの放送後記を随時アップ!

【エッセイ】最終回『35mmの気持ちで/シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』

  突然ですが、今年の2月頃から始まったエッセイ「35mmの気持ちで」が、今日で最終回を迎えます。元々、今年いっぱいの企画としてスタートして、無事計画通りの着地を迎えましたが、やっぱり「最終回」という言葉は達成感と喪失感があることを、今思います。約一年間、ありがとうございました。

  この一年間の連載で思ったこと、感じたことは、また後日「あとがき」として色々語ろうかと思います。

 

  では、本題へ。

 

  この連載を通して、僕は改めて孤独だと思う。

  そして、音楽を優先する。

 

  「孤独」とは自虐という甘えと、残酷な現実を突きつける。

  ある人は「友達がいない」「私は孤独な人生を送っている」と嘆く人を「オナニー中毒者」と例える。自分を無様に傷つけて、その先の高揚感、開放感、爽快感を覚えた体は再びその行動を繰り返す。僕もその中毒者のひとりだ。

  そして、中毒にもならず、飽きて、その現実から抜け出そうと思う時、自分には何もないことを打ちつけられる。解決策も浮かばず、途方に暮れて、一秒一秒進んでいく時間にも苦しくなる時、毒を欲するだろう。

  それを客観的に見ると、生き地獄のような人間の救えない残酷の中、生きるしかない。

 

  僕にとって「孤独」とは、事実でしかない。

  孤独な人生、自分の姿を他人に共感を求めても、たとえ共感を得ても、結局孤独は孤独のままだ。

 

  しかし、孤独はエネルギーになる。

  孤独から生まれる苦しみを、美化や侮辱をせず、そのまま飲み込むことで、誰にも負けない創造力に転換出来る。

  だからこそ、孤独という現実とは、真正面から向き合うべきだ。

 

  「音楽」とは一糸乱れぬ正確性と、その瞬間でしか生まれない創作がある。

  クラシックは壮大で華麗な美しさがある。その凄味を生み出すものは「楽譜」だ。各パートが一斉に楽器を弾き、ミス一つ無く演奏するためには楽譜は必要不可欠だ。しかし、楽譜は呪いだ。楽譜に書かれている音符ひとつひとつを完璧に演奏することが当たり前で、ミスをするごとに演奏者に対する減点になってしまう。

 

  ジャズは独創で儚い面白さがある。その凄味を生み出すのは「技巧」だ。不規則なドラムが独特なリズムを生み、深みのあるベースがグルーヴを生む。そこにピアノやギターのアドリブで、その瞬間でしか生まれない唯一無二の音楽が生まれる。しかし、技巧はギャンブルだ。自分にしか弾けないと思うテクニックに需要はどれくらいあるのだろうか。その疑念と戦い続けるには、自分を信じ続けるしかない。

 

  僕にとって「音楽」は、趣味のひとつだ。

  好きな音楽を聴き、好きな楽器を弾き、好きな楽曲を創作する。その「好き」という言葉の中には、趣味という単純な遊び心がある。

 だからこそ、自分だけの音楽を大切にするべきだ。

 

  これからも僕は孤独で、音楽を愛して、生きるだろう。

  35mmの気持ちの、些細な気持ちで。

 

f:id:washitsuba:20211231075443j:image

 

【本日の映画】

監督:庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉中山勝一前田真宏
出演:緒方恵美林原めぐみ宮村優子坂本真綾三石琴乃山口由里子石田彰立木文彦清川元夢山寺宏一神木隆之介など
制作:2021
1990年代に社会現象を巻き起こしたアニメシリーズで、2007年からは『新劇場版』シリーズとして再始動した4部作の最終作となるアニメーション。汎用型ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンに搭乗した碇シンジ綾波レイ式波・アスカ・ラングレー真希波・マリ・イラストリアスたちが謎の敵「使徒」と戦う姿が描かれる。

 

【関連記事】

【エッセイ】#43『くだらなく、素晴らしい。/ストップ・メイキング・センス』

  「M-1グランプリ2021」を見た。

  当日はバイトのためリアルタイムでは見れなかった。なので、その日はSNSを全てシャットアウトして、ネタバレ防止に尽くした。どのコンビも面白くて、最高の3時間だった。錦鯉の二人、おめでとう!

  最終審査で錦鯉に票を入れたレジェンド、松本人志は錦鯉に決めた理由に「一番バカなヤツに入れた」と答えた。

  板の上に立つ者は、くだらなく、素晴らしく、ふざけている。

 

  僕は音楽家と言いながらも、ステージの上で演奏をしたことがほとんどない「自称」という甘えすら恥ずかしい落ちこぼれだ。だが、ステージの上に立つことに対するマイルールや「こうあるべき」という姿勢はある。こんな奴だけど。

 

  板の上に立つ者は、くだらない。

  僕の好きな人は「カッコいい」より「くだらない」を優先している。歌詞がくだらない、衣装がくだらない、普段からの私生活もくだらない。なぜ、くだらないと思うのか。それは、その人が真面目だからだ。下手にくだらないを追求すると、つまらないコントになる。

  真面目に歌を歌うし、真面目に踊る。真面目な私生活の中にクスッと笑える人間性がある。

  僕はそんなくだらない人生を送る人に憧れる。

 

  板の上に立つ者は、素晴らしい。

  僕は人前に立つことが恥ずかしい。失敗がとにかく怖くて、それが武者震いのような自分を鼓舞するものではなく、ただただ怖い。自分の無力さを本番中に気づいてしまうのが、癖でありコンプレックスで、嫌だ。その恐怖がパフォーマンスの出来に繋がるのなら、人前に立たないで音楽業を続けられる方法を考えた方がいい。

  こんな無礼者だからこそ、普段からライブのことを考えて、ファンの目の前に立つ意味を知っている人は素晴らしい。

  尊敬を込めて。

 

  好きな人がくだらなく、素晴らしい人と気づくのは、実力や素質から生まれる凄味より、初めて見たときの一目惚れの延長線だと思う。それはシンプルにその人が好きだから、その人柄を「くだらない」と笑い、「素晴らしい」と称賛するのだ。

 

  Life is Beautiful.

 

  追記。

  このエッセイを執筆するために、リバイバル上映していた「ストップ・メイキング・センス」を初めて映画館の素晴らしく整った環境で鑑賞した。最高の作品でした。

  この1週間で、3回も見ちゃった。

 

f:id:washitsuba:20211222135623j:plain

 

【本日の映画】

監督:ジョナサン・デミ
出演:トーキング・ヘッズ
制作:1984
アメリカの人気ロックバンド「トーキング・ヘッズ」が1983年12月にロサンゼルスで行なったライブの模様を、後に「羊たちの沈黙」などを手がけることになるジョナサン・デミ監督が収めたライブフィルム。黒子をセット変えに起用するなどユニークなステージをシンプルにまとめ、人気を博した。

 

【関連記事】

【エッセイ】#42『未来を踊ろう/ベイビー・ドライバー』

  「未来を、踊ろう」

  この言葉は星野源が2015年に発売したアルバム「YELLOW DANCER」に収録されている楽曲「Week End」の歌詞を引用したキャッチコピーだ。僕はこの言葉が大好きだ。

  僕は音楽が好きで、音楽家として活動しているが、好きな音楽に対する優先順位に「踊れる音楽」を意識することが多い。音楽は複雑で、リズムやメロディーはもちろん、ジャンルや時代で大きく変わってしまう。そのため「このジャンルしか聴かない」という極端な音楽好きがいるのも事実だ。

  実際、僕もファンクやソウルなどの「ブラックミュージック」というジャンルを暇あえあれば聞いているが、これは「踊り」を優先した結果だ。

 

  僕の生活には、音楽が付き物だ。

  軽い外出はもちろん、何気ない家事炊事にもイヤホンで好きな音楽を流しながら、そして、踊りながら日々を楽しんでいる。今日も、アース・ウィンド・アンド・ファイヤーの楽曲を聴きながら風呂掃除をしたが、薄暗く狭い風呂場がその時はミラーボールが光るディスコと化し、時間を忘れて愉快に壁の隅々まで磨いていた。

 

  しかし、僕の場合「踊り=ダンス」とは少し違う。

  簡単に言えば「MVごっこ」に近いかもしれない。耳元で流れる音楽に対して、踵でリズムを取るのも、僕にとっては「踊り」だ。スネアドラムのリズムに合わせて手を振れば魔法のステッキのようなファンタジーな爽快感を味わえる。

  このMVごっこに欠かせないのが、時間帯だ。

  夜の楽曲だったら、当然夜に聴きたい。朝が似合う爽やかな楽曲は、スカッと晴れた朝に聴きたい。それを歩きながら胸を張って聞くと、それはもうMVだ。ちなみに、僕のお気に入りは、くるりの「ハイウェイ」を朝の洗濯物を干している時に聞くのが格別なので、ぜひ。

  ただ少し注意する点は、周りから変な人として見られるのは覚悟の上でやるべきだ。そして、車や歩行者に注意して夜道を歩こう。

 

  音楽を聞いて思わず踊っている状態は、憑依に近い。

  そのリズムやメロディー、歌手の歌い方に合わせて行動することは、音楽が空っぽの自分を操り、自分が動いていると、たまに思う。そして、一曲が聴き終わると、スッと我に返り、目の前の苦い現実に戻される感覚がある。

 

  しかし、踊っている時は本当に楽しい。

  これまでの苦い過去も、不安な将来を考えている今も、好きな音楽を聞いて未来を音楽に任せて、我を忘れている時間が嗜好品のように思える。嬉しい時も、悲しい時も、音楽は音色を変えてあなたの味方になってくれる。

 

  未来を、踊ろう。

  今日もこの言葉と共に、音楽に身を任せる。

 

f:id:washitsuba:20211217174736j:image

 

【本日の映画】

監督・脚本:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴートケヴィン・スペイシーリリー・ジェームズエイザ・ゴンザレスジョン・ハムジェイミー・フォックスジョン・バーンサルなど
制作:2017
ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!- 』などのエドガー・ライト監督のクライムアクション。音楽に乗って天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

 

【関連記事】

【エッセイ】#41『復讐心/デス・プルーフ in グラインドハウス』

  先日、許せなく悔しい出来事があった。

  ここでは話さないが、喜怒哀楽をその一日で全部感じた日だった。その原因はクソみたいな奴で、このクソみたいな奴のクソみたいな話をここで愚痴愚痴言うと、自分にそのクソみたいな部分が移りそうなので、ここでは言わない。

  しかし、言わないという決断は厄介で、愚痴を話せるほど親しい友人がいれば、ここまで長引かないだろう。そんな人は僕の周りには当然いない。そのため、消化不良のまま、悔しさが体を飲み込まれないように、今必死に堪えている状態だ。

  そして、今考えていることは「復讐」だ。

 

    強すぎる復讐心は「悲劇の主人公」になってしまう。

  「許せないっ!」という気持ちは、化膿した傷口のようにジワジワと体を蝕み、次第に自分を傷つけた人や社会に対する「復讐」と変わる。その復讐を成功するために、映画のような綿密で隙だらけな計画を考え、長い時間を費やして、自分を悲劇の主人公だと酔い惚れる。

  僕もあの悔しい出来事の直後は全てを憎んだ。映画のような悲劇の主人公に憧れ、今その悲劇を味わっていると思い、その行動力と将来を復讐に捧げようと思った。

 

    しかし、復讐に燃える気持ちは、良い部分もある。

  「許せないっ!」という叫びたくなるほどの野心は、夢を持つ人にとってはエネルギーになる。今の時代、表舞台の輝きより、それまでの泥水を啜った長い下積み時代のエピソードが共感を呼び、評価されている。「あちこちオードリー」が代表的な番組だろう。

  僕も不思議なことに、あれほど悔しい出来事があった後、今の音楽業や文筆業、芸術について深く考えた。それまでの日々は決まった時間に決まったことをする変化の少ない時間の過ごし方をしていたと少し後悔した。「僕にとっての音楽とは…」「文筆とは…」と久々に深く考え、またひとつ自分の活動を見直し、少しずつ成長をしている、と思う。

 

  僕の好きな言葉で「今の悲劇は、10年後の笑い話になる」がある。

  この言葉は人生を諦め、隙あれば死のうと思った高校生の頃。図書館で読んだ今では全然覚えてない本に書いてあった言葉だ。その言葉を知った直後は何となく頭の片隅に置いてたが、文筆業を含む今の活動は「過去」を語るのがほとんどだ。

  実際、あの頃の地獄は笑い話になり、野心になっている。

 

  そして、今まで自分を馬鹿にしてきた奴らに大勝利したときは、思いっきり喜ぼう。

 

f:id:washitsuba:20211210082025j:plain

 

【本日の映画】

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル、ヴァネッサ・フェルリト、ゾーイ・ベルなど
制作:2007
映画オタクとして知られるクエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。グラインドハウスとは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館の総称で、グラインドハウス映画特有の傷やブレ、リールのダブりもあえて再現した。

 

【関連記事】

【エッセイ】#40『筋トレ日記/ロッキー』

  思えば、僕が筋トレを始めて早二年が経つ。

 

 ついさっきも筋トレをして、風呂上がりでこの文章を書いている。

  筋トレを始めたきっかけや様々な事件簿を語りたいが、僕には時間がない。締切が迫っているのだ。この文章を書くタイムリミットは様々な考慮を踏まえて、1時間が精一杯だ。なので、もしタイムオーバーになってしまったら、この文章はどんな場面でも突然終わる。

  これは、僕の時間管理のミスが生んだ、僕だけの戦いだ。

 

  気を取り直して、筋トレの話を。

  筋トレを始めたきっかけはイマイチ覚えてない。ちょうど新しいバイトを始めた頃で、きっと周りに屈強な力自慢が多かったのか。文化部出身の人が思う「いつか鍛えなきゃなー。」で始めたきっかけが、たまたまそのときだったのか。今でも覚えてないので、とりあえず「モテたいから」にしておこう。

  とりあえず、YouTubeで見つけた「一日10分!これだけでOK!スクワットメニュー」みたいな手頃なものを何となく始めた。何となくが、1ヶ月続き、気づけばスクワット以上のトレーニングを求めていた。

 

  きっと、これは「継続」だ。

  継続は、3週間続いたらその後は好奇心や向上心で物事が続いていくらしい。その法則を知らず知らずスクワットをしているうちに「継続」を身につけ、今に至る。それからはタンパク質について調べて、本格的な筋トレのメニューを自分で計画して、Amazonで3キロのプロテインや筋トレグッズを定期的に買うようになった。

  自宅で週二日、バイト終わりに筋トレを1時間頑張って、その後に鶏胸肉を1枚焼いてワイルドに食べる。そんな生活が1年ちょっと続いた。しかし、筋トレの負荷や強度は自宅の簡易的なトレーニングでは限度があり、食事だけプロ並のタンパク質モリモリのメニューばかり食べる日々が続いた。結果、その時期の後半は全く筋肉が成長していなかったと思う。

 

  そして、今年の8月に24時間経営のジムに入会した。

  筋トレを1年半しているとはいえ、ジムの中ではガリガリの部類だ。最初の1週間はマッチョだらけの空間と未知のトレーニング器具に悪戦苦闘して、全身がギシギシ痛むほどの筋肉痛になった。とはいえ、24時間経営のメリットを活かして週3日の内、2日は深夜1時から3時の誰もいない時間に通っているので、たまにプライベートな時間を楽しみながら、より強力な筋トレをしている。

 

  ジムに通い始めて、もうすぐ半年になる。

  半年という短くも長い期間の中には、様々な事件や不思議な人と遭遇する。

 

  ジムにこれから通う人にとって「祝日」は要注意だ。

  普段会社に通勤している人が、たまの休日を狙ってジムに集まっていく。自分の体感として、2-3倍のマッチョがジムに群がっているので、入会したての頃に遭遇するとやる気が萎えてしまうだろう。僕も始めて遭遇した時は、何もせずにすぐに帰ったのを覚えている。

 

  ジムに通うということは、自分が決めた曜日と時間帯にジムに行くということだ。

  それが原因か分からないが、その時間帯に通う常連を覚えるようになる。

  僕がよく遭遇する人が「謎の女子大生」だ。

 

  その女子大生は、不定期に遭遇する。

  メガネが特徴的な彼女は、とにかくランニングマシーンを本格的なスポーティな格好で走り続ける。それも深夜によく遭遇する。きっと、このコロナ禍を利用してジムに通い…

 

『ピピピピ…』

 

  1時間の戦いの末、ゴングが鳴った。

  意外と、語ったな。

 

f:id:washitsuba:20211203080854j:plain

 

【本日の映画】

監督:ジョン・G・アヴィルドセン
出演:シルヴェスター・スタローンタリア・シャイアバート・ヤング、バージェス・メレディス、カール・ウェザースなど
制作:1976
無敵の黒人ボクサー、アポロが人気取りのため、格下の相手と闘うことを宣言した。チャンピオンに挑戦するチャンスを与えることで、アメリカン・ドリームを体現しようというのだ。アポロのマネージャーたちは、選ばれたロッキーがサウスポーなのを気にかけ相手を変えるように忠告するがアポロは無視。かくして薄汚れた下町の中、ロッキーのトレーニングが始まる……。

 

【関連記事】

【エッセイ】#39『見破る偏見/マスク』

  僕は人見知りだ。

  最近は特にその症状が悪化して、ちょっと混んでつり革に掴まっている人が多い電車に乗ると、気分が落ち込む。そのせいなのか分からないが、人を見る目が少し変わった気がする。

  それは、相手の裏の顔、仮面の奥の本当の顔を見破る能力だ。

  正確に言うと「こういう人なんだろうな…」と人を見た目で決めつけているような、嫉妬や恨み、妬みが混じった偏見のようなものだが、実際それは合っていると思う。

 

  例えば、ものすごく愛想の悪い店員がいたら「この人、人付き合いが悪そうだな。」とボソッと思ったり、改札で眉間に皺を寄せながらセカセカとホームに向かう人を見ると「この人、社内で信頼あるのかな。」と不謹慎だが思ってしまう。

  けど、たまに帰宅ラッシュで人が混み合う帰り道に、ドッと疲れ背中が丸まったサラリーマンを見るとそっと寄り添いたくなるが、結局は見放してしまう。そんな僕をまた責めてしまう。

 

  この誰にでもありそうで、偏見が詰まった能力だが、僕はある場面でかなり拗らせている。

  それは「優しい人」にあったときだ。

 

  基本、人は優しい。

  ふらっと寄った何気ない店でマニュアル言葉以外でそっと寄り添ってくれる店員さんと会話すると、その優しさに惚れる。しかし、そんな時に限って心の中の悪い自分が「うわ、この人無理して僕と会話してんだな」と偏見が過ぎる。もちろん、そんなことはない。ないと信じたいが、多分僕みたいな人間を覚えているとは思えない。

  異性ならそれ以上で、何かしらでいい感じの雰囲気になった時にもバッドエンドが心地よくなる瞬間がある。その瞬間が次第に、神頼みになり、結局その願いは叶ってしまう。その瞬間にホッとしている自分と、後悔している自分が混ざり合い、とりあえず叫びたくなる。

 

  なぜ僕はこんな拗らせているのかと、ふと考えると、僕自身が人を信じていないからだと思う。

  僕自身「表の顔」と「裏の顔」と分けている部分はあるし、そもそも表裏の境目はない方がいい。よくあるのが、信頼関係がある相手を「これからこの人との関係を大切にしていこう」と決めた瞬間から、その人の悪い瞬間を目にしてしまい、あれだけ大切にしてきた関係性がスッと消えてしまう。この瞬間は本当にショックで、ひどく落ち込み、また自分の殻に篭り、人見知りとなってしまう。

 

  一歩先の人間関係を築くには、お互い素の自分で接することだ。

  そして、お互いその姿を見た時、何も思わず続いていくことが、愛だ。

 

f:id:washitsuba:20211117094733j:image

 

【本日の映画】

監督:チャールズ・ラッセ
出演:ジム・キャリーキャメロン・ディアスなど
制作:1994
小心者のスタンリーはひょんなことから不思議なマスクを拾う。家に帰り何気なくそのマスクを着けたとたん!猛烈な竜巻と共に彼の中のもうー人の自分《マスク》が現れた。そして彼は《マスク》の力を借りて、ー目惚れしたクラブ歌手、ティナにアタックするのだが……。

 

【関連記事】

【エッセイ】#38『脱力主義/ナポレオン・ダイナマイト』

  久々に多忙だ。

  「忙しい」という言葉は聞くのも言うのも抵抗があるが、今はそれに縋りたい気持ちでいっぱいだ。

  簡単に説明すると、今は朝の6時45分。

  2時間後にはワクチンの接種会場に向かうため、家を出なければいけない。なので、このエッセイを2時間、いや、その他諸々の事情を踏まえると、1時間ちょっとで済ませたい。

  加えて、音楽家として、現在進行形で作曲中だ。「あとちょっとだけ…」と試行錯誤を繰り返していたら、昨日では終わらず、今に至る。

  僕は音楽家・文筆家・芸術家と三足の草鞋で活動しているが、時に牙を剥くことをすっかり忘れていた。

 

  こうしている間にも、20分経っている。

  タイムリミットが刻一刻と迫っている中、僕はあることを心掛けている。

  それは「脱力」だ。

 

  僕は自分で負荷をかけ過ぎる人間だ。

  言わば「強迫概念」のようなもので、責任感のある仕事はもちろん、何気ない些細な頼み事も、湯気が背中から出るくらい必死になってしまう。やっている最中も依頼してくれた人を思い「こうなったらどうしよう…」という確率の低いシミュレーションが何個も浮かび、それに苦しみ続ける。結局、そういうときは大抵失敗する。

  そうなると、強迫概念がタラレバ話に変わって、すっかり忘れている頃に思い出し、またタラレバを繰り返す。

  このタラレバは自分に対する「負荷」と変わり、それは時間が経っても消えず、精神を食いしばる。

  この負のループを解消してくれるのが「脱力」だ。

 

  僕も「脱力」という言葉を借りているが、現状この状態を説明することは少し難しい。簡単に言えば「別に…」「どうせ…」と締切や期待などの責任を放棄している状態に近い。

  最近脱力を心掛けていることは、LINEだ。

  以前の僕はLINEの返信や送信に対して幾つものルールを作ってしまい、文章やスタンプに対して酷くこだわってしまった。おかげで「了解しました」みたいな何気ない返事も「!」をつけるかつけないか、スタンプも添えるか、「了解」とさらっと送るか、とにかく悩んで1時間はかかることも多かった。

 

  それ以降、脱力を心掛けて、対策としてLINEの通知をオフにした。

  一時期、アプリの赤い丸がとにかく嫌で、軽く寝込んだこともある。なので、すぐに返信する「即レス」のルールを無くした。そして、返信に困る何気ない一言や返事は、YESでもNOでもない変なスタンプを送ることにした。スタンプでセンスを問われる威圧感も脱力した。

  よくLINEの返事で異性を判断する系の記事をよく見るが、それで判断する人もどうかと、脱力してからよく思う。

 

  もっと言えば、今の「三足の草鞋」という仕事の形も脱力だ。

  最初は音楽家一本で活動するつもりだった。しかし、僕は熱し易く冷め易い飽きやすい性格で、それが自分の好きな音楽が嫌いになると思った。しかし、成功している音楽家を調べると、人一倍ストイックで、僕もそうしなければいけないと思い、音楽と距離を置きたくても自分を追い込んだ。

  けど、自分は他の人とは違った。

  そんな時に星野源に出会い、そのマルチな肩書きに憧れて、もし好きなことが嫌いになった時の「逃げ道」として「文筆家」と「芸術家」を加えた。仕事という型に捉われず、好きなことに対して脱力しながら、好きなことを続けている。

 

  そんな三足の草鞋も、今の多忙の枷になっている。

  脱力というより、現実逃避したい。

 

  ワクチン打ってきます。

 

f:id:washitsuba:20211110080651j:plain

 

【本日の映画】

監督・脚本:ジャレッド・ヘス
出演:ジョン・へダーなど
制作:2004
製作費わずか400万円ほどの超インディーズ作品ながら、全米で大ヒットを記録した脱力系学園コメディ。アメリカの片田舎に暮らす冴えない高校生のイケてない日常が独特のダルなリズムで綴られてゆく。

 

【関連記事】